お酒が飲めるお店を開業する時の注意点

申請しなければいけない

許可を受ける必要がある

お酒を提供するお店を始めるなら、飲食店営業許可をもらう必要があります。 法律で許可を受けているお店だけが経営できると決まっています。 喫茶店から飲食店に変わる時、申請を忘れてしまう人が多いので気をつけてください。 忘れないうちに、申請すれば大丈夫でしょう。

飲食店営業許可を忘れない

アルコール飲料をお客に提供するには、しっかりと手続きをして認可を受ける必要があります。
無許可で、経営することはできないので注意してください。
知らなかったとしても、無許可で飲食店を経営していると法律違反なので罰せられます。
飲食物を提供する場合は必ず届出によって認可を受ける必要があります。

飲食店を営もうとお考えであれば、申請を忘れないでください。
少しでも不明点がある場合は自己判断せず、しっかりと調べるようにしましょう。

また経営時間によって、必要な申請が変わります。
深夜まで経営しない飲食店の場合は、飲食店営業許可だけでお客さんにお酒を提供できるようになります。
特別な時間帯の営業となるため、その際にはある手続きを行わなければなりません。
必須となる手続きなので、忘れることが内容にしっかりと確認しておきましょう。
ただしこれは例外があるので、この届出が必要なのか調べてください。

複数の届出がありますし、それぞれ用意する書類があります。
どれを提出すれば良いのかわからなくなってしまう人がいるでしょう。
また飲食店を経営するために必要な準備は、他にもあります。
書類を提出している時間を、なかなか確保できないかもしれませんね。
専門家に、書類の代筆を任せることができます。
代筆を任せて、自分は他の準備に取り掛かると時間を有効に利用できます。
また、専門家はミスの心配がない部分もありがたいですね。
失敗しそうな人は、最初から専門家に任せてください。

時間帯によって必要な許可が変わる

夜遅くまで飲食店を経営する場合は、飲食店営業許可の他にも届出が必要です。 経営時間が決まったら、該当するか確認しましょう。 こちらの届出は、例外があります。 どんなパターンだと、届出を提出しなくても良いのかチェックしてください。 必要な許可を、全て受けましょう。

代筆してもらうことが可能

他にもやることが多いので、許可を受けることばかりに時間を掛けることはできません。 申請する時は、専門家に依頼することができます。 代筆してもらっている間に、自分は他の作業を進められるのでお得です。 費用が発生するので、どのくらいの予算があれば良いか調べましょう。

TOPへ戻る