申請しなければいけない

許可を受ける必要がある

営業するための許可がある

何をお客さんに提供するかによって、必要な許可が変わります。
軽食やドリンクを提供する、喫茶店を開始しようと考えている人がいるでしょう。
その場合は、喫茶店営業許可を申請しましょう。
しかし喫茶店では、お酒を提供することができません。
お酒を提供するなら、飲食店営業許可を申請してください。

それがあれば、お客さんも提供できます。
準備が忙しくて忘れてしまう人が見られますが、必ず申請しなければいけないものです。
後回しにすると、忘れる可能性があります。
1番最初に飲食店営業許可の申請を済ませておくと安心ですね。
無許可で経営していると罰せられますし、お客さんからの信用を失います。
それではお客さんを、集めることができません。

お店を変える時に気をつけよう

これまで喫茶店を経営していたけれど。これからお酒を提供するような飲食店にしようと思っている人がいると思います。
その時に飲食店営業許可を申請するのを忘れることが多いので、忘れないでください。
どこかにメモしておくと、忘れる心配はありません。
基本的に調理の必要がないスイーツを提供するお店が喫茶店で、肉料理や魚料理など、調理が必要なメニューを提供するお店が飲食店です。

自分がこれから経営したいお店が、どちらに該当するのか確認してください。
また許可は、保健所に行って申請します。
普段は保健所なんて使わないので、どこに行けば良いのかわからない人がいるでしょう。
保健所の位置を確認することも大事です。
スムーズに申請しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る