申請しなければいけない

時間帯によって必要な許可が変わる

深夜0時を過ぎて経営する

飲食店の経営が、深夜0時までなら飲食店営業許可だけ持っていれば大丈夫です。
しかし深夜0時を過ぎても、経営する予定の人が見られます。
その場合は、別の許可も申請しなければいけないので、忘れないでください。
夜中の営業やアルコールの提供には特別な届出が必要となり、提出が義務となっています。
バーを経営する時は、この申請も受けてから経営を開始することをお忘れなく。


経営時間が深夜0時を過ぎなければ、必要ない許可です。
まだ許可を申請していない時は、経営時間を短めにすると良いですね。
きちんと申請して、許可をもらってから本当の経営時間に直してください。
特別な許可が必要だということを認識して、お店の経営時間を決めましょう。

主食を提供する場合

食事がメインの飲食店でお酒を提供する場合は、提出必須となる届出が必要ありません。
きちんとした食事があれば、例外だとみなされます。
提出必須の届出が必要になるのは、お酒を飲むことがメインの飲食店だけです。

飲食店営業許可に例外はありませんが、夜中に飲食物を提供する場合は特別な届出を手続きしなければなりません。
居酒屋やバーを経営する時は、多くの場合日をまたぎ、明け方まで営業することになるでしょう。
さらにお酒を飲むことがメインなので、深夜における営業許可を受けるための届出を出さなければなりません。
どんなメニューを提供するか、よく考えましょう。
それによって、申請が必要だったり、必要なくなったりします。
事前のリサーチを怠ってはいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る